NEWTOWN

Lineup2018

美術展:『SURVIBIA!!』(サバイビア!!)

校舎内を利用して、「郊外を、生き延びろ。」(Survive in Suburbia.)をテーマにした美術展を開催。「ノーザン・ソウル」+「サウスサイド」+「ロードサイド」からなる「郊外」を提示することを試みます。映画部屋で参加作家の作品も上映予定。

●概要
日程:2018年11月10日(土)、11月11日(日)
時間:11:30〜19:00
キュレーション:中島晴矢
ラインナップ:
秋山佑太
石井友人
空族(映画『サウダーヂ』上映)
キュンチョメ
中島晴矢
FABULOUZ
原田裕規
PERSISTENCE(新井五差路、百頭たけし、藤林悠)
細倉真弓 磯部涼
URG
and more!!
チケット料金:無料

●展覧会コンセプト
「郊外を、生き延びろ。」(Survive in Suburbia.)
音楽ライターの磯部涼は著書『ルポ 川崎』(2017)で、川崎を「北部」と「南部」に分けている。「北部」は「平穏だが退屈な土地」であり、小沢健二が「川崎ノーザン・ソウル」と呼ぶ「ニュータウン」。一方で「南部」は「刺激的だが治安が悪い土地」であり、ラップ・グループBAD HOPが「川崎サウスサイド」と呼ぶ「多文化地区」の「工業地帯」。現在の日本の都市において、この「二つの顔」は背中合わせに同居している。
2017年『NEWTOWN』内で開催された美術展「ニュー・フラット・フィールド」で表現したのは、「ニュータウン」的な世界観だった。つまり、豊かだがつるりとした、退屈な「北部」の憂鬱だ。2018年に『NEWTOWN 2018』において開かれる本展「SURVIBIA!!」では、そこに「南部」的なリアリティを召喚する。さらに、全国を均質に結ぶ「ロードサイド」の想像力を加味することで、「ノーザン・ソウル」+「サウスサイド」+「ロードサイド」からなる「郊外」を提示することを試みる。
旧住民と新住民のみならず、もはや全国的にスプロール化した「郊外」は、いまや移民も含めた新たな「混住社会」の局面を先鋭的に露呈している。もちろん、「郊外の風景」を「病理」として疎外論的に片付けるのではなく、私たちの社会をあまねく覆っている前提として捉えた上で、本展はそれらに対しカルチャーやアートによってどのような実践や介入が可能かを問い直すことになる。それはオリンピックを目前にして進められている現行の都市開発(スクラップ・アンド・ビルド)を単に憂うような態度ではなく、戦略的に、あるいは遊戯的に、この郊外をどう生き延びて行くかを展望する一つの契機となるはずである。

●作家プロフィール

秋山 佑太 Yuta Akiyama

美術家・建築家。1981年東京都生まれ。建築の設計と施工、展覧会の企画と空間設計を行う。「移動」「集積」といった方法で、複雑な時を刻んで来た建物に「地霊」を呼び起こす作品を制作。また「中央本線画廊」主幹。主な自主企画展に「Super Circulation / 超循環」展(EUKARYOTE / 2018) 「model room/モデルルーム」展 秋山佑太+布施琳太郎 (SNOW Contemporary / 2018)「Multi shutter/マルチシャッター」展(EUKARYOTE / 2018) 、主な参加芸術祭・企画展に「Reborn-Art Festival 2017」(宮城県石巻市 / 2017)「現代美術ヤミ市」(BUCKLE KÔBÔ / 2018)

石井友人 Tomohito Ishii

1981年、東京都生まれ。多摩ニュータウン育ち。美術家。2006年、武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了。2012-13年、Cité internationale des arts滞在。絵画を主な表現手段としながら、人工空間における人間と自然の相互領域をテーマに、作品を発表している。2017年前回のニュータウン展「ニュー・フラット・フィールド」を共同ディレクション。「未来の家」(Maki Fine Arts、2017年)で郊外空間をテーマにした個展を開催。主な展覧会に「新朦朧主義 5」(北京清華大学美術館、2018年)、「グレーター台北ビエンナーレ」(NTUA、2016年)、「引込線2015」(旧所沢市第二学校給食センター、2015年)、「わたしの穴 美術の穴」(Space23℃、2015年)、「大和コレクション Ⅶ」(沖縄県立博物館・美術館、2015年)、「パープルーム大学Ⅱ」(熊本市現代美術館、2014年)
https://www.tomohitoishii.com

キュンチョメ Kyunchome

東日本大震災をキッカケに活動を始めた男女のアートユニット。 メンバーはホンマエリとナブチ。どうにもならない現実の中で、詩的に遊ぶ方法を探している

空族

富田克也の初監督作『雲の上』(’03)の制作に相澤虎之助が参加。その時のメンバーたちと映像制作集団「空族」を名乗る。その後、『国道20号線』(’07)を発表。自主配給も行い全国公開する。次なる大作『サウダーヂ』(’11)がナント三大陸映画祭で最高賞の「金の気球賞」、国内では毎日映画コンクール優秀作品賞&監督賞をW受賞、高崎映画祭最優秀作品賞を獲得。その後フランスにて全国公開される快挙を起こす。相澤も『花物語バビロン』(’97)、『かたびら街』(’03)、『バビロン2-THE OZAWA-』(’12)などを断続的に発表。その後、『同じ星の下、それぞれの夜』(’13)中の短編「チェンライの娘」でタイロケを敢行。2017年に公開したタイ・ラオスオールロケの大作『バンコクナイツ』は、テアトル新宿にてロングランヒット、一万二千人を動員した。また本作は、第72回「毎日映画コンクール」にて監督賞と音楽賞をW受賞した。

中島晴矢 Haruya Nakajima

Artist / Rapper / Writer
1989年生まれ。主な個展に 「麻布逍遥」(SNOW Contemporary, 2017)、主なグループ展に「明暗元年」(space dike, 2018)「ニュー・フラット・フィールド」(NEWTOWN, 2017)「ground under」(SEZON ART GALLERY, 2017)、アルバムにStag Beat「From Insect Cage」(2016)、連載テクストに「アート・ランブル」(Ohta Collective, 2018-)など。
http://haruyanakajima.com

FABULOUZ

Sonic(佐久間洸)・Eagle(間庭裕基)・Martin(万福)の2人+犬で編成される結成5年のファビュラスなアートユニット。海外在住。虚構や神話をテーマに作品を制作。主な展覧会に「明暗元年」(2018年)。

佐久間洸
2012美学校アートのレシピ受講。BOMBRAI(multi-channel collective)所属。映像、写真、彫刻、インスタレーション、ユーチューブなど興味を持ったものを手当たり次第展開。
間庭裕基
現代美術家。立教大学現代心理学部を卒業後、ドイツ留学を経て、2016年美学校《アートのレシピ》《写真工房》、2017年《中ザワヒデキ文献研究》を受講する。主に写真と映像で構成されるインスタレーション作品を制作。
万福
2018年1月1日生まれ。デトロイトコーンクラブ所属のフレンチブルドッグ。

原田裕規 Yuki Harada

1989年、山口県生まれ。美術家。社会の中で取るに足らないとされている「にもかかわらず」広く認知されているモチーフを取り上げ、議論喚起型の問題を提起する作品で知られる。作品の形態は印刷物、写真、展示(インスタレーション/キュレーション)など。
代表的なプロジェクトに「ラッセン」や「心霊写真」をテーマにしたものがある。主な著作に『ラッセンとは何だったのか?』(フィルムアート社、2013年)、個展に「心霊写真/ニュージャージー」(Kanzan Gallery、2018年)など。2013年に武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科卒業後、2016年に東京藝術大学大学院美術研究科修士課程先端芸術表現専攻修了、2017年に文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてニュージャージーに滞在。

PERSISTENCE(新井五差路、百頭たけし、藤林悠)

「風景」を主体とした写真を撮り続ける3名の作家のグループショウ。言葉や認識と風景の関係から作品を制作する新井五差路、特定の場所を目指して写真を撮りに赴き、物とその周辺の関係を追い続ける百頭たけし、日々の生活を中心として、身の回りの景色を撮り続ける藤林悠。
2018年5月に東京都墨田区・あをば荘にて初回展覧会、2018年11/18-12/15に石川県金沢市・芸宿、2019年9月に愛知県名古屋市・山下ビルに巡回展を開催予定。
http://harukafujibayashi.work/PERSISTENCE/PERSISTENCE_20180511.htm

細倉真弓 Mayumi Hosokura

立命館大学文学部、および日本大学芸術学部写真学科卒業。東京近郊で撮影した自然と若者のヌードを組み合わせた初期作『KAZAN』が、繊細さと力強い感受性で都市を描き出し、独特なエロスと美しさをそなえた新しい東京の写真表現として国内外から注目を集める。2011年オランダ「Foam Magazine」の新人選抜号『Foam Talent 2011』に選抜される。2012年、台湾關渡美術館のレジデンシプログラムに参加。主な個展に『祝祭ーJubilee』(nomad nomad、香港、2017)、『CYALIUM』(G/Pgallery、東京、2016)、『クリスタル ラブ スターライト』(G/Pgallery、東京、2014)、『Floaters』(G/Pgallery、東京、2013)、『KAZAN』(G/Pgallery、東京、2011)。二人展に『Homage to the Human Body』 (Galleri Grundstof、オーフス、デンマーク、2017)、グループ展に『集美xアルル国際写真フェスティバル Tokyo Woman New Real New Fiction』(厦門、中国、2016)、『Close to the Edge: New Photography from Japan』(MIYAKO YOSHINAGA、ニューヨーク、2016)など。写真集に「KAZAN」(アートビートパブリッシャーズ、2011)、「Floaters」(Waterfall、2014)、「クリスタル ラブ スターライト」(TYCOON BOOKS、2014)、「Transparency is the new mystery」(MACK、2016)、「Jubilee」(アートビートパブリッシャーズ、2017)。また磯部涼と共に手がけた月刊誌での連載「ルポ 川崎」が、サイゾーより単行本化された。

URG

アーティストの石毛健太により2018年より発足、活動開始。
現代の生活空間から都市文化の再考・実践を試みる企画を展開する。

『変容する周辺、近郊、団地』
大都市周辺を取り囲む団地群、それらは前東京五輪開催から50年にわたり静かに都心に働く人々の生活を支えてきた。
しかし、長い年月と数多の節目を超え、そこに暮らす人々の暮らしと文化は変化しはじめている。
局所的、加速的に進行する高齢化や多国籍化により、整然と立ち並ぶコンクリートの箱の中からは異形な文化が立ち上がってきている。
それらは巨大な求心力を生み、近郊における都市との関係、「中心の周辺」という構造を壊し、都心に向かって文化を侵略し始める。
変容を始めた近郊、団地で現在何が起こり、始まろうとしているのか。
様々なメディア、年齢の作家たちが都市の近郊、埋め立て地、団地を探っていく。