NEWTOWN

Topics2018

子連れで楽しめる『NEWTOWN』の見どころをご紹介!

今年の『NEWTOWN』は、お子様連れでいらっしゃる方に楽しんでいただけるプログラムもたくさんご用意しています!入場無料のイベントですので、お気軽にご来場くださいませ(駐車場はありませんが、駐輪場やベビーカー置き場、授乳室はございます)。

 


中庭キッズパーク

「すべての子どもが豊かに遊べる東京を」をテーマに、子どもたちの遊び場を作り出してきたTOKYO PLAYがプロデュースする「2日間だけの遊べる校庭プロジェクト」を開催。ロープやチョークなどさまざまな素材や道具を使いながら、みんなのチカラとアイデアで遊びのエリアを創り出していく2日間。昨年に人気だったタイヤ遊具も健在です。どんな場所になるかはお楽しみ。みんなの遊び心を持ち寄ってくださいね。

その他、地元の方々による射的やピンポンなどの縁日や、帝京大学児童文研究会Stepによる紙芝居やスライム作りなど、遊びをたっぷり用意してお待ちしています。

 

校庭やぐらステージ

校庭にあるやぐらステージでは、誰でも楽しめるエンターテイメントが盛りだくさん!Eテレ「おかあさんといっしょ」に楽曲「きらららダンス」を提供しているDÉ DÉ MOUSEがホナガヨウコとタッグを組んで、『盆踊りDISCO!』を開催。ダンスを習いながら、みんなで踊れる楽しい演目です。

また、老若男女が集うのど自慢大会や、去年も注目を集めた東京都立松が谷高等学校和太鼓部「翔桜太鼓」による和太鼓の演奏などなどをお楽しみいただけます。ステージ前には飲食エリアもあるので、ご飯を食べながらゆったりお楽しみいただけます。

『似顔絵倶楽部 by CINRA.STORE』

教室で行われる漫画家やイラストレーターによる似顔絵イベント『似顔絵倶楽部 by CINRA.STORE』では、大橋裕之、小山健、とんぼせんせい、fancomi、やばいちゃん、寺本愛など様々な作風のクリエーター12組が集まり、あなただけの一枚を心を込めて描きます。小学校跡地の教室で似顔絵を描いてもらうまたとない機会ですので、イベントの思い出にぜひどうぞ。
→詳細はこちら

 

デイリーポータルZ 「いらないものガチャ」

面白ネットメディアの老舗「デイリーポータル Z」による「巨大いらないものガチャ」が『NEWTOWN』に出現!いらないものを持っていくと、ガチャが回せます!
→詳細はこちら

 

宇宙論☆講座のおばけ屋敷

今回は、いわゆる怖ろしい音響効果や照明効果でおばけ出てきてドーン! ギャー! だけではない、全年齢向け「インスタ映えするおばけ屋敷(スマホその他による写真撮影可)」というテーマで2日間、全時間帯を通して開催します。
→詳細はこちら

 

『Anonymous Camp Tokyo in NEWTOWN』

都内各所でカルチャー・マーケットを仕掛けてきた「Anonymous Camp」今回はおなじみのクリエイターズ・マーケットに加え、ご家族で楽しめるさまざまなワークショップももりだくさん。また特別企画として、スケッチブック「図案」誕生60周年を記念してマルマンがお届けする、写生大会を開催します!

『Anonymous Camp Tokyo in NEWTOWN』

 

フードカート

校庭エリアにはこだわりのフードカートが20台集結!
食欲の秋を満喫してみてはいかがでしょう?

●『Gourmet Street Food ー東京美食屋台ー』

11月10日(土)、11日(日)出店:

東京オムレツ(オムライス)

野毛山カレー食堂(カレー)

new town kitchen(キューバンサンド)

rico curry(ガパオライス・カレー)

煮込屋赤ねこ(牛煮込み)

KOKAGEビール(クラフトビール)

ORGARS(レモネード)

Meg’s Kitchen(マラサダドーナツ)

Izzy’s Cafe(コーヒー)

good hood food(タコス)

Betty’s pancake(パンケーキ・スムージー)

yaad food(ジャマイカンフード)

みどり号
11月10日(土)のみ出店:

STREET FARM KITCHEN(タイ料理)

CUMR FOOD TRUCK(ピザ)
11月11日(日)のみ出店:

きなり(ガレット)

●『PORTE FOOD MARKET』
11月10日(土)、11日(日)出店:

Fig and(いちじく料理)

アツヲ飯(ラー油料理)

大神食堂(発酵料理)

eddyone(メキシコ料理)

メディトリーナ(高円寺フード)

『Gourmet Street Food ー東京美食屋台ー』&『PORTE FOOD MARKET』

 

音のワークショップ『音楽の背景に耳を澄ます』presented by sonihouse

音楽の聴取をもっと高感度にする。音そのもののを物質のようにとらえ、その質感や量感を感じる。すると音楽は彫刻のように形を成し、その躍動とともに形を変える。耳とともに目でも音をとらえ描いてみる。このサウンド・ワークショップでは、あらゆるジャンルの音楽をただ聴くのではなく、眺めるように鑑賞する体験をしていただきます。

http://newtown.site/archives/1754

そのほかもプログラムが盛りだくさん!タイムテーブルでご確認ください。

 

会場へのアクセスはこちらから