NEWTOWN

Lineup2018

『ニュータウン屋上公園 Powerd by DUM-DUM LLP』

The roof of the Newtown schoolhouse has become a heavenly garden.

4Fの校舎屋上に突然あらわれる、別天地スペース 「ニュータウン屋上公園」。
屋上に気持ちのいい、小粋なDJブースと、人工芝を囲むチルアウトスペース、喫煙ブースを併設した憩いの公園が誕生します。屋上から眺めるニュータウンもまた格別です!併設の「大人給食バー」(会場内唯一のタバコ販売店)と共にイベント敷地内で、一息つける貴重な空間♨

11/10(土)、11日(日)共に、屋上から校内に良質の音楽を散布します!(笑)

●概要
日程:2018年11月10日(土)、11日(日)
時間:10:00〜19:00
出演:
[10日(土)]
ディープファン君
鳥居(トリプルファイヤー)
KASHIF(ギターDJ SET)
春ねむり 
DJ YABBY 『RELAXIN’ WITH JAPANESE LOVERS SET』
川辺ヒロシ
[11日(日)]
DJフクタケ「ヤバ歌謡 NEWTOWN MIX 90min set」
DUM-DUM Presents「僕の好きな先生」スーパーセッション(出演;ネギ(バレーボウイズ)×たけとんぼ他)
meg(民謡クルセダーズ)
Sami Elu
young-g(stillichimiya)
テクノウルフ( Set & Check & Live)
KASHIF(ギターDJ SET)
Takumi Yuge (ADULT ORIENTED RECORDS)
教室:校舎4F ミニ屋上
料金:無料

●プロフィール
ディープファン君

スルガアユム(Vo)、アベユーセー(MPC)を中心に結成。当初ユニットのような形態で活動をしていたが、二人ではライブの際のノルマが払えず、現在のバンド編成に。これまでマイペースに音源をオンライン公開し、一部の奇特なブラックミュージック·ファンから注目を集めてきたが、2017 年、FUJIROCK FESTIVAL’17 の「ROOKIE A GO-GO」への出演を果たす。そして2018 年6 月、親交のあるKan INOUE(STMWLL / WONK)や岩手・花巻のヒップホップ・クルー・BIG-RE-MANをフィーチャーし、欲望の限りを尽くした初のミニアルバム「PRIVATE BLUE」をリリース。今年こそは日本のブラック·カルチャー·シーンの夜明けを宣言する予定。
https://www.youtube.com/watch?v=RnNqmeqxlV4

鳥居真道

1987年生まれ。トリプルファイヤーのギタリストで、バンドでは多くの作曲を手がけている。また他アーティストへのライブやレコーディング参加、楽曲提供、選曲家としても活動。ピーター・バラカン氏はじめ多くの方とDJイベントも定期的におこなっている。

KASHIF

横浜を拠点とする湾岸音楽クルー「PanPacificPlaya」所属のギタリスト・作編曲家・ボーカリスト。
同じくPPP所属のネオドゥーワップバンドJINTANA&EMERALDSメンバー。
数々のゼロ年代以降インディーズにおける重要アーティストを中心に好サポート。
ギタリスト活動を主軸としつつも、楽曲提供・サウンドプロデュースも行う。
ソロではDJをしながら同時にギターを弾く形でセルフセッションする「ギターDJ」スタイルでも活動中。
基本的に和菓子と日本茶と散歩を愛する傾向が強い

川辺ヒロシ

TOKYO No.1 SOUL SETの屋台骨を支えるトラックメイカーであり、そのバックグラウンドに不可欠なクラブDJとしての長いキャリアの中で数多くの伝説的なパーティーのフロアを沸かせてきた。藤原ヒロシとの”HIROSHI Ⅱ HIROSHI、クボタタケシとの”SONS OF NICE YOUNG”(1996年)、DJ KENT(FORCE OF NATURE)、笹沼位吉(SLY MONGOOSE)との”GALARUDE”や、石野卓球とのユニット”InK”としても活動中。プロデュースワークとして、小泉今日子他多数。TV、映画音楽、CM楽曲なども手掛ける。代表的なリミックス・ワークは勝手にしやがれ、ROSSO、ハルカリ、UA、フィッシュマンズ、藤原ヒロシ、TEI TOWA etc.そのどれもが必聴である。
近年では、サイトウ “JxJx” ジュン(YOUR SONG IS GOOD)とのDJユニット「DISCO MAKAPU’U」としての活動や、福山雅治主演・大根仁監督映画「SCOOP!」、又吉直樹初脚本ドラマ、NHK「許さないという暴力について考えろ」の劇伴音楽や、道重さゆみ活動再開を飾る公演「SAYUMINGLANDOLL~再生~」<COTTON CLUB>の楽曲プロデュース、横山裕(関ジャニ∞)主演舞台「上を下へのジレッタ」<シアターコクーン>の音楽アレンジなど話題に尽きない。
http://www.kawanabehiroshi.com

DJフクタケ

1990年代よりDJとして歌謡曲をクラブ・ミュージック・マナーでプレイするスタイルで活動。2014年から和モノ・歌謡曲公式MIX CD『ヤバ歌謡』シリーズをユニバーサル・ミュージックよりメジャーリリース展開。2017年3月には自ら企画・選曲・監修を務めた玩具・ファンシーキャラクター・ビデオゲーム関連のタイアップソングを集めたコンピレーションCD『トイキャラポップ・コレクション』Vol.1~3をウルトラ・ヴァイヴ/ソリッド・レコードより発表。現在は、東京を拠点に各地でJ-POP・和モノ系や80’s~90’s洋楽系パーティを中心にプレイ。ライターとして、雑誌「レコード・コレクターズ」、「昭和40年男」等で連載も手がけるほか、地上波ラジオ番組への出演も多数。
http://www.universal-music.co.jp/dj-fukutake

meg

民謡クルセイダーズvo.とピアニカ担当。Buffalo Daughterムーグ山本主催のmoOog sistersにてDJデビュー。その後yosuke tominagaや大塚広子のレギュラーイベントCHAMPなどに参加。2016年TOKYO SABROSOにて朝霧JAM出演。現在トロピカル研究中。

Sami Elu

アメリカ・メイン州出身。
海上の森で様々な鳥たちの鳴き声を聴き、家ではピアノを弾く。
即興音楽で幸せを感じる。作曲と演奏をベースとしてあらゆるジャンルの音楽を学び、不思議な音の世界へと導く孤高の音楽家。
2012年に廃材と割り箸、ピアノ線を使って、世界に1つだけの木製弦楽器「割り箸ピアノ(幻ピアノ)」を自ら製作。
現在6代目「耳かきピアノ」が世界登場。
「和」の心を持ち合わせた流浪の音職人が、自然と調和した唯一無二のチル・サウンドを奏でる。

Young G

山梨県一宮町で生まれたムーブメント”stillichimiya”メンバー。DJ,プロデューサー,サウンドエンジニア‥音に関わる様々な活動を展開。 ソロ活動としてのDJ活動や、楽曲を様々なアーティストや映画、CMに提供する傍ら、田我流とカイザーソゼ、おみゆきCHANNEL、DJ KENSEIのIS PAAR BAND等のプロジェクトにも参加。2011年から”アジアで独自の進化を遂げる HIP HOP”をテーマにしたMIX CD「Pan Asia」シリーズ(Vol1,2)を製作。日本で流通しないアジア圏のHIPHOPアーティストの招聘や普及活動を展開。2017年公開の「空族」製作による映画「バンコクナイツ」への参加をきっかけにメコン一帯の音楽に魅せられ、2017年よりタイを中心にラオス、カンボジア、ミャンマー等に一年にわたり長期滞在。現地で音楽を調査、収集、研究。独自の経験と視点から放 たれる音は、リスナーを桃源響へと導く。